ヨーロッパ直送・外資系ビジネスマン兼作家のブログ


by stevebrussels
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『人生を豊かにする英語の名言』 韓国語版出版へ

数年前に研究社で出した『人生を豊かにする英語の名言』について、韓国の出版社から、老舗の翻訳版権エイジェントであるタトル・モリ エイジェンシーを通して韓国語版出版の依頼がきた。お世話になっている研究社のベテラン編集者のYさんからメールをいただき、すぐに快諾した。この本はお陰様で、各方面から評価いただいた。ありがたい限りである。

ところで、この本の中で、最近の日本の歌手の中では数少ないホンモノの歌唱力をもつ歌手である平井堅について、第一章で少し語っているが、この平井氏に負けず劣らぬ見事な歌唱力をもつ若手歌手がアメリカにもいる。

Josh Groban. フィギュアスケートの荒川選手の良く使う曲(You raise me up)の人、といえばわかりやすいかもしれない。

この人、東欧ユダヤ系アメリカ人の父とノルウェー系アメリカ人の母の間にうまれたのだが、なぜかラテン系の言葉の歌ばかり歌っている。イタリア語、スペイン語。アメリカでは、英語にしないと売れないという定石があるのに、あえて自分のこだわりを捨てずに頑張っているところに、私は惹かれる。実際、意味がわからなくても、アメリカ人ファンがかなりいる、という事実だけを見ても、美しいバリトン声に支えられた彼の歌唱力の凄さが証明される。

ちなみに、この曲は Just walk away.というタイトルでカナダの歌姫セリーヌ・ディオンやチリの大スターMyriam Hernandezが Y vete ya. というタイトルで歌っている。個人的には、ミリアムとジョシュのヴァージョンが好きだが、百聞は一見にしかず、是非ホンモノの歌手の歌を堪能してみてください。

→ プロモーションビデオ(ライブ)* こんな顔の人です。

悲しい別れの曲ですが、日本の短調系ポップ(小田和正、竹内まりや)が好きな人なら、多分一発で惹かれてしまうでしょう。これで心が癒された人は、是非、チリの歌姫Myriam Hernandezの Y vete ya を聞いてみてください(Amazonで買えるかもしれません)。
グッ。。。と胸にきます。
[PR]
by stevebrussels | 2006-07-22 20:13