ヨーロッパ直送・外資系ビジネスマン兼作家のブログ


by stevebrussels
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Barking dogs seldom bite.

◆ 生後7ヶ月になるうちのKoo(ヨークシャーテリア)は、怖いもの知らずだ。

人間だろうが、犬だろうが、出会うものには、なんであろうと飛びかかっていく。 
つい先日は、挙句の果てに、巨大なグレート・デンにまで飛びかかっていった。
巨大な体躯と猛禽類のような目をした、一目でアブナそうな犬だ。
流石にわたしも 「やばい」 とおもったのだが、グレート・デンは、デーンと 構えており、うちの子犬に自由に噛ませている。ひと噛みで即死させられることがわかっているからだろうか。
子犬の攻撃など、小バエごとき、なのだろう。

ただ、そんな子犬のクーも、自分の顔を知らないのか、夜、窓ガラスにうつる自分の姿に対し
ては、脅えた顔で、吼え続けるだけで、決して攻撃を仕掛けない。

◆ 生まれた時から人間に育てられた座敷犬は、自分を人間だと思い込んでいる。
自分が犬だとは夢にも思っていない。
自分の本当の姿を知らないから、鏡を見ると、おびえた表情になる。

ある意味で、人間も同じである。

本当に自信のある人は、ちょっとやそっとのことでは、簡単には崩れない。

逆にいえば、「本当の自信」を確立途上にある人や、本当のところ自信のない人は、少しの
ことで悩み続ける。自己認知と他者認知の乖離が大きいからだ。窓ガラスにうつる自分の顔
を自分の顔として受け入れることができない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

リーダーシップを考えていくと、「多様な価値観を認められる高いEQ(人間的成熟度)の重要性が、くっきりと浮かび上がってくる。

自分の人格に基本的な欠陥を持ちながら、テクニックや手法だけで人を動かそうとしても、長期的には成功することは難しい。それは人を操る術にすぎず、すぐに化けの皮が剥がれ、相手の中では不信感だけがいたずらに募っていく。基礎となる人格のよさがあって、はじめて手法というものは活きてくるのだ。

うわべだけのテクニックではなく、本人みずから人格を磨く。それが大切である。
ここでも「われ以外みな師なり」という謙虚さがなければ、欧州であれ日本であれ、幸運の女神は目の前を素通りしていく。どこに行ってもつまずきやすくなる。

人間だれでも、一生のうちに何度かはチャンスがめぐってくる。
そのときにチャンスを正確に見きわめる。そして、素手で掴みグイっと引き寄せる。
掴んだら放さない。
そういう力があるのか。常日頃から養い蓄えておけるか。それが成功と失敗を分かつのだ。

本当のところ、自分のことは自分がいちばんよく知っている。
実力不足の自分。
人のせいにする自分。
努力不足の自分。
自信のない自分。

いくら言葉でごまかしても、自分だけはごまかしきれない。

それを棚に上げて、野心ばかり膨らませても、チャンス(転機)は微笑みかけてはくれない。
他人や会社を怨もうが、夢想にふけろうが、チャンスの女神は素通りしていく。
誰も助けてはくれない。

自助努力と自己責任、そして人格。

結局、チャンスを掴み、引き寄せるには、この3つのキーワードを自分のモノにすることに尽きる。 そこからすべてが始まっていく。
[PR]
by stevebrussels | 2007-12-21 20:25