ヨーロッパ直送・外資系ビジネスマン兼作家のブログ


by stevebrussels
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 155 )

☆☆☆ 久々に訪れたルクセンブルグ。 


なぜかわからないけど、ここに来ると気分が良い。


この国の静かな雰囲気は自分に合う。


CJ連載35回『東京ラブストーリーとは何だったのか?』

>> https://courrier.jp/columns/84595/

e0071926_22290742.jpg
[PR]
by stevebrussels | 2017-05-13 22:33

東京ラブストーリー

e0071926_08323543.jpg




















☆☆☆ 皆さんこんばんは。

バブル後期に大ヒットした月9ドラマを斬ってみました。

『東ラブ(東京ラブストーリー)は何だったのか?』


さてさて、文化考察に昇華できているでしょうか。


BGMは、もちろん これです>> >> https://www.youtube.com/watch?v=FdCWgBpfePo


S


☆連載バックナンバー >> 


[PR]
by stevebrussels | 2017-05-10 08:43

☆☆☆ ベルギーの古都ゲントから車で数十分走ると、畑以外なにもないにつく。

一本道をひたすら走りつづけると、一軒の巨大な邸宅が出現する。周りには何もない。

こんな場所に、世界中の食通を唸らせる、三ツ星レストランがあるとは、なかなか想像できないのではなかろうか。


中に入ると、青いスーツでビシッと決めた金髪碧眼の7-8人の給仕たちに出迎えられる

窓際の席に案内され、食前酒のシャンパンを頼むと、突然窓から轟音が聞こえてくる

畑のど真ん中にヘリコプターが止まったのだ

そこから、中年のカップルが降りてくる


しばらくすると、ぼくらの席の横を金髪女性がおもむろに通っていく

ベルギー人富裕層が好む「ゴールド」とよばれる品の良い黄土色の ハンドバッグと

細いアキレス腱とマッチする、吃驚するほど細いヒールの踵が印象的だ

何の香水だろう、通り過ぎたばかりの僕らのテーブルに、良い残り香がただよう

しばらくすると、明らかに成金とはちがう、表現し難い落ち着きをもった中年男が後を追っていく。

そうこうしているうちに、僕らのテーブルにアミューズ・ブッシュ前菜の前のおつまみ、いや それよりももっと凝った料理> が運ばれてくる。  

CJ好評連載中】http://ow.ly/G4Mz30bugiS

e0071926_19454874.jpg

e0071926_19461885.jpg


[PR]
by stevebrussels | 2017-05-07 19:51

幻想的な森

☆☆☆ 大変ご無沙汰してます。GWをいかがお過ごしでしょうか。

こちらも月曜はメイデイで三連休です。

先週、数年ぶりに好きな森にいってみました。

この花はブルーベルとよばれる鈴蘭で、春になると (偶然ですが)「ハル」(Halle)という名の街にある深い森のなかでいっせいに咲きます。

その雰囲気は、言葉では表現できないほど、幻想的なものです。この写真でどこまでそれをお伝えできるかかわかりませんが、ご覧ください。

なお、ここ数年、講談社のクーリエジャポンという雑誌で連載しております。よろしければご笑覧ください。
e0071926_16502148.jpg


[PR]
by stevebrussels | 2017-04-30 19:12

希望とは

「希望」とはなにか?

それは、考え方を変えること。

思い込みを変えること。

生き方を変えること。

。。。そして、なにより自分自身を変えてみること。

http://www.amazon.co.jp/dp/4327451649/
e0071926_137728.jpg

[PR]
by stevebrussels | 2014-04-20 13:08

益荒男(ますらお)の詩

エッセーは彫刻だ。前進のための破壊。

徹底的に削っていくことで、
本質的に必要なものが炙り出され、
こちらに向かって存在理由を訴えかけてくる。

★☆月刊誌GOETHE(ゲーテ)連載中★☆
【和僑魂】(わきょう・だましい)
[PR]
by stevebrussels | 2012-05-24 08:09
☆新著『英語社内公用語化の傾向と対策』の書評を見つけた。この書評家の人は、正に私が言いたかったことを見事にまとめてくれている。しかも文体が洒落ている。さらに、『21世紀の日本人像を求めて』というタイトルまでつけてくれた。版元には申し訳ないが、こっちのタイトルのほうが好きだ。会ったこともない書評家さん、ありがとうございます。

「ほとんどの日本人が震え上がる無慈悲なタイトルに惹かれて手に取った(中略)ちょっと見晴らしのいい場所に連れ出され、深呼吸した気分になった。。」⇒http://ow.ly/511zJ
e0071926_7225289.jpg

[PR]
by stevebrussels | 2011-05-24 07:21

Pray for Japan

頑張れ、日本!
e0071926_601288.jpg

With my thoughts and prayers for Japan

Suggested BGM ("Daijobu" Kazumasa Oda)
[PR]
by stevebrussels | 2011-05-16 06:00

達人との対話

e0071926_765076.jpg
次の本には、長年お世話になっている師との対話も入れた。
[PR]
by stevebrussels | 2011-02-25 07:08

☆新著のお知らせ☆ (^_^)

2000年から毎年平均1冊書いて、これでようやく10冊目です(翻訳をいれると13冊目)。
アマゾンで予約できるようです⇒ 『英語社内公用語化の傾向と対策』(研究社)
e0071926_3163611.jpg

[PR]
by stevebrussels | 2011-02-20 03:18