ヨーロッパ直送・外資系ビジネスマン兼作家のブログ


by stevebrussels
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 155 )

【円い、まるい世界】

「企業再生の仕事をやってると、カミュの『異邦人』を読み返しても、不条理と思えなくなるんだ」・・・昨年末、ピエール・ガニェールという溜池の仏飯屋で富山和彦氏と会食したとき、こんなお話を伺った。私はその話を聞きながら、頭の中で、森羅万象全てを包含するような巨大な円をイメージしていた。

鈴木大拙は「無分別の分別「円融無碍」「即非の論理」等のコトバを使って、これらが東洋的思考の要だと喝破した。円融無碍、つまり円融自在、事事無碍の世界とは何か?・・・簡単にいえば、「色即是空、空即是色」のことである。零即無限、無限即零の世界。この境地に達すると、矛盾や排中は、もはや無関係になる。

近代文明は、西洋的な「二分性」を基に発展してきた。創造主と人間、主客、我他、善悪、白黒、友敵、愛憎など、一神教的な観点から全てを分け、制した上で、解(らしきもの)を導いてきた。物事の一般化、概念化、抽象化、つまり科学や法律などは、全て主客の対立(二分性)から生まれる。

一方、その対極にあるのが「不二性」の世界だ。東洋では伝統的に「分化」(主客の対立)が起こる前から物事の全体を捉えようとする。全てを一緒くたにして「巨大な円」の中でドロドロに溶かしてしまう。これが円融無碍の本質ではないだろうか。

そして、ここが重要だが、二分性から不二性にワープすると、「空」(くう)という世界を垣間見ることができるようになる。ワープした瞬間から、不条理は条理となり、条理は不条理となり、二つは渾然一体化する。これが先ほどの富山氏のいう世界であり、自性見という。

21世紀に入り、何事も「A or B」と分けてしまう西洋的な「二分性」の世界、論理万能神話には限界があることに誰もが気づきはじめている。分極した相対の世界は、必ず、対立・対抗・争いの世界へとつながっていく。世界中の紛争や対立の原因はそこにある。

二分性 v.s. 不二性・・・どちらも完璧ではない。だが、二分性一本槍では明らかな歪みが出じている今、二分性を超越しそれを包含する力(不二性)の重要性を再認識すべき時期を迎えているのではなかろうか。私はそれが日本の強みであり、そこに21世紀の人類繁栄を担保するヒントが隠されているように思う。
[PR]
by stevebrussels | 2011-02-19 19:46
☆ Life can only be understood backward, but it must be lived forward.

「人生は後ろ向きにしか理解できない。だが、前向きに生きなければならない」
(キルケゴール)

☆ No endeavor that is worthwhile is simple in prospect; if it is right, it will be simple in retrospect.

「現在から未来へという時間軸では、何か意味のある事を行おうとすると、大きな困難を伴うように見える。だが、本質的に重要なことは、どんなに困難であっても、後から振り返ってみると、それほど難しくはない」(エドワード・テラー)
[PR]
by stevebrussels | 2011-02-19 18:48

調子にのると

ところが、調子にのった私が一番好きな歌を聞かせて「演歌歌手で一番巧い人だよ」と言ったが、ダメだしをくらう。失意の中でこの歌を肴に日本酒をやる。美味い。
そんな幸せを知る私は、和僑であっても日本人なのだ、と思いたい⇒ ここをクリック
ついでに若いときのバージョンもどうぞ。 
[PR]
by stevebrussels | 2011-01-08 20:13

久々に戻ったブリュッセル。師走は大雪だったようで、今でも雪景色が少し残っている。英国学校の勉強に加え、土曜の補習校で日本語を学ぶのに疲れた娘が「日本人やめたい」とつぶやく。焦る父親は、あの手この手で日本語に興味をもたせようと悪戦苦闘。

あるとき、車で学校に送っているときに、この歌をかけて歌っていたら、いつもはレディーガガやジャスティン・ビーバーしか聞かない子が、この歌を口ずさむようになる。こてこての演歌は難しくても、フォークに近い演歌なら、共感できる「のりしろ」があるのかもしれない。いずれにせよ、演歌を歌えるようになれば、日本人らしさを失わずに済む。
ロジックを超えた確信。⇒ 雪(松原健之)
[PR]
by stevebrussels | 2011-01-08 19:11

冬の「秋桜」

雨模様のブリュッセル。土曜の朝、犬の散歩の後コーヒーを飲みながら聞きたくなる歌。
アイドルと呼ばれた人のなかでは非常に稀な「歌手」という名称がふさわしい人。
特に40代になってからの歌声がいい。山口の原曲よりもこの曲をものにしている。脱輪したまま終わって欲しくない。がんばれ⇒ こちらをクリック ついでにもう一曲
[PR]
by stevebrussels | 2011-01-08 18:46

中国語版の表紙

2年以上かかったが、ようやく中国語翻訳版がでた。中国語版はこれで3冊目。自分が理解しない言葉に自分の本が翻訳されるのは、何だか不思議な気分だ。
e0071926_041988.jpg
e0071926_22511082.jpge0071926_22513270.jpge0071926_22515263.jpg
[PR]
by stevebrussels | 2010-10-24 00:43
e0071926_212108.jpg
e0071926_2131378.jpg

[PR]
by stevebrussels | 2010-10-23 21:04

代表選

代表選の記事を読んでいて、ふと昔覚えたこんなコトバを思い出した。

All of us will ultimately be judged and as the years pass we will surely judge ourselves, on the effort we have contributed to building a new world society and the extent to which our ideals and goals have shaped that effort. (Robert Kennedy)

われわれは皆、理想と目標を具現化し、どれだけ新しい社会の創造に貢献したかという点について、判断されるであろう。そして、いずれ自分自身でも、そのことについて自問自答する時がくるであろう(ロバート・ケネディー)
[PR]
by stevebrussels | 2010-09-12 22:53

カラシマする

「本当は、誰もが やさしくなりたい
それでも、天使に 人はなれないから」


誰にだって、”カラシマ”聴きたくなる日があるかもしれない。
[PR]
by stevebrussels | 2010-09-12 20:19
皆さんは、この何気ない映像をご覧になってどう思われますか?

下記連続「迷言」は、これを見た直後に書きました⇒ 映像へ 

迷言① 自分の本当の強みは何か?寝食忘れて没頭できる事は何か?それを知ると自分の「命」(めい)を掴める。運+命=運命。Control your destiny, or someone else will. (Welch) 教育とは子供たちにその大切さを伝えることではないだろうか。

迷言② 人間だれでも、一生のうちに何度かはチャンスがめぐってくる。そのときにチャンスを正確に見きわめる。素手で掴みグイっと引き寄せる。掴んだら放さない。そういう力があるのか。常日頃から養い蓄えておけるか。

迷言③ 本当のところ、自分のことは自分がいちばんよく知っている。実力不足の自分。人のせいにする自分。努力不足の自分。自信のない自分。いくら言葉でごまかしても、自分だけはごまかしきれない。

迷言④ それを棚に上げ、野心ばかり膨らませても、チャンスは微笑みかけてはくれない。他人や会社を怨もうが、夢想にふけろうが、チャンスの女神は無表情のまま素通りしていく。誰も助けてはくれない。自助努力と自己責任。結局、全てはそこから始まっていく。

迷言⑤ 日本に必要なのは平等主義の名の下のmass education一本槍からの脱却+diversified educationの導入。得意分野を徹底的に伸ばす少人数教育。文化創造教育(芸術・音楽、日本の伝統芸能、スポーツを重視⇒根っこを強化)。文武両道が基本。

迷言⑥ 「立つべき場所」を持つ重要性を考える。日本の伝統芸能の重要性。「守・破・離」を人生に応用する。歴史観と世界観を養う⇒自分の哲学。健全なる猜疑心(healthy scepticism)を養う。ボーダーレスの時代に不可欠な「背骨」と「目付け」。

迷言⑦ intellectual honesty の重要性。知れば知るほど、自分の無知を知る。自分の無知を知れば知るほど、学びたくなる⇒「学ぶ喜び」と「知の力」。知的怠惰を起こすのはintelectual dishonestyであろう。
[PR]
by stevebrussels | 2010-09-11 17:57